2020年度 普通第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習 予定

・2日間の講習です

・年間に4 回 開催予定です。(5月・7月・10月・2月を予定)

この講習は雇用保険受給資格者を対象とした短期訓練受講費制度」に該当します。
 詳細はトップページの「おしらせ」欄をご覧ください。

・受講手続きが完了した方には受講票等をお送り致します。(来所の場合は手渡し致します。)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

受付状況の表示・・・=余裕あり 、 =残少し(10人以下)または締切間近 、 ×=満員または締切

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

講習会場の所在地等はこちらをご確認ください。→ http://jba-saitama.jp/place/index.html

 

第 1 回  受付中 (受付状況・・・〇)
 

2020年5月13日(水) 9:30~17:50 会場:さいたま市産業振興会館

2020年5月14日(木) 9:30~17:20 会場:さいたま市産業振興会館


 

----------------------------------------------------------------------------------

【受講者の皆様へお願い】

 受講の際に新型コロナウイルスなどの終息が見られない場合は、感染拡大防止にご理解・
 ご協力くださいますようお願い致します。

①発熱や咳・倦怠感・風邪などの症状がみられる場合、新型コロナウイルス感染症が疑われる場合は、
 受講見合わせをお願い致します。


②原則としてマスクの持参・着用及び咳エチケット、手洗い等の感染症予防対策をお願い致します。


 

 日々状況が変わることから、直前の開催中止や延期の可能性があることをご理解賜りますよう
 お願い申し上げます。

普通第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習 概要

講習料金 「受講料」+「テキスト代」+ 「テキスト送付手数料 」の合計金額

           ※ 消費税10%込み

           ※ 事務所に来所申し込みの場合は「テキスト送付手数料」は不要。


      受講料・・・・・・・・・・・14,300円

      ・テキスト代(2冊分)・・・・・2,424円

      ・テキスト送付手数料・・・・・・・ 530

 

 

 ・テキスト詳細

 ① (普通)第一種圧力容器取扱作業主任者テキスト1,049円
                (平成29年8月18日改訂第9版 第3刷 または2019年1月23日改定第9版 第4刷)

 ②[新版]わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則1,375円
      (平成30年10月10日第1版第4刷)

    *上記と同じ版ものを既にお持ちでしたら、改めてご購入頂く必要はございません。

 

講習概要

労働安全衛生法に定める第一種圧力容器のうち、区分、種類及び大きさにより、当該第一種圧力容器を設置する事業者は、各級のボイラー技士又は各種の第一種圧力容器取扱作業主任者の資格を有する者の中から作業主任者を選任する必要があります。

その中で、この講習は(普通)一種圧力容器取扱作業主任者の資格を取得するための講習です。(化学設備関係の第一種圧力容器の作業主任者にはなれません。)


第一種圧力容器の取扱作業を行う場合に、主任者を選任する必要のある設備には次のイ~ニがあります。

本講習の修了者は、このイ~ニのうちの化学設備に係るものを除く第一種圧力容器に対して取扱作業主任者として選任することができます。

イ. 内容積が5㎥を超える、蒸気その他の熱媒を受け入れ、又は蒸気を発生させて固体又は
  液体を加熱する容器で、容器内の圧力が大気圧を超えるもの(蒸煮器、殺菌機、精練器
  など)ただし、ロの反応器又はハの蒸発器を除く。

ロ. 内容積が1㎥を超える、容器内における化学反応、原子核反応その他の反応によって
   蒸気が発生する容器で、
容器内の圧力が大気圧を超えるもの(反応器、原子力関係
   器など)。

ハ. 内容積が1㎥を超える、容器内の液体の成分を分離するため、当該液体を加熱し、
   その蒸気を発生させる容器で、容器内の圧力が大気圧を超えるもの(蒸発器、蒸留器
   など)。

ニ. 内容積が1㎥を超える、大気圧における沸点を超える温度の液体をその内部に保有する
   容器(スチーム・アキュムレータ、フラッシュタンク、脱気器など)。


なお、上記についての詳細や、電気事業法、高圧ガス保安法及びガス事業法の適用を受ける
第一種圧力容器についての選任については、こちら(日本ボイラ協会本部のHP)をご参考く
ださい。
http://www.jbanet.or.jp/license_qualification/division/vessel_chief.html

 

 

この講習は埼玉働局長登録教習機関 登録番号 第5号 講習です。

(登録有効期間満了日(埼玉支部が埼玉労働局へ次回登録更新をする期限):2024年3月30日)

講習 申し込み用紙 ダウンロード

申し込み用紙はこちらよりダウンロードください。(PDFファイル)