ハローワークの短期訓練受講費制度のご案内

 『短期訓練受講費』とは、雇用保険の受給資格者等が、平成29年1月以降に、ハローワークの職業指導により再就職のために1ヶ月未満の教育訓練を受け、訓練を修了した場合に、支払った教育訓練経費の2割(上限10万円)が支給される制度です。
 当支部では以下の講習がこの制度の対象となります。

 ◆ボイラー実技講習
 ◆ボイラー取扱技能講習
 ◆普通第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習
 ◆受験準備講習(二級ボイラー技士、一級ボイラー技士)

 ※受講前に受給資格について最寄りのハローワーク(公共職業安定所)に必ずご確認ください。
  
また、本制度をご利用の場合は、受講申し込み時にお申し出ください。

 ご案内リーフレット[PDF]
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000195646.pdf

ボイラー検査手数料の不正請求や、勧誘にご注意ください!

最近、日本ボイラ協会の職員と名乗る者が、日曜日に事業場を訪れボイラーの検査料金の額を請求したり、労働基準監督署あての検査報告書を持ち、『手数料を今日集金してくるよう上司から言われて来た』と言い、『手数料を支払ってほしい』と応対した事務職員に要求したという事案、また、一般家庭を廻り、『家庭に設置しているボイラーの点検を実施します』などと言って点検を勧誘したという事案が相次いで発生いたしました。

 

日本ボイラ協会では、職員がボイラー性能検査手数料を事業場に訪れ集金することはいたしておりませんし、労働基準監督署あてのボイラー性能検査結果報告書は当協会から直接厚生労働省へ提出いたしております。また、家庭用に設置しているボイラーにつきましては、当協会の検査の対象とはなっておりません。

幸い、上記事案では応対された方が不審に思い、未遂に終わったとのことですが、このような事案には十分ご注意ください。

 

なお、これに類似する事案などがありましたら、当協会の検査事務所へご照会ください。

日本ボイラ協会検査事務所一覧→ http://www.jbanet.or.jp/jba/inspection_offices/

事務所へお越しになられる方へ

悪天候や地震等の天災により、予告なく事務所を閉めさせて頂く場合がございます。

そのような日にご来所を希望される方は、当日出発される前に、お電話にて状況をお問い合わせください。

電話が繋がらない場合は、時間をおいてから再度お電話頂き、それでも通じない場合は事務所が閉まっているとお考え頂き、日を改めてご来所下さいますようお願い申し上げます。